スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • | - |
    • |

    もういっちょアンモナイトのネタ〜

    0
      なぜなにアンモナイトねたで勝負〜♪
      つとにここ近況を申しますに、やけにアンモナイトにご執心というわたしめのありさま。
      いったい何故にその魅惑に取り付かれてしまったのかはほぼ不明。
      しかしながら、オパール化に燦然と輝くその魅了する美はわたしめの心を虜にしてやまなし。
      アンモナイトとひとくちにいっても、ちょいと残念な美からはほど遠い形状と色合いのものもあろうがしかし、
      オパール化、もしくは方解石化したその実態を見れば嗚呼、こんなにも魅惑的な天然の宝石がこの世にあろうもんかと疑念を持たざるを得ない。
      そればかりか、すでにマニアマニアしてつもりがなくてもご執心状態であることには変わりない。
      奇遇にもハッケンしたリリストーンというお店で、大型のそれを買った。
      夢見がちなわたしめをまさに虜にした16.8万円のアンモナイト。あまりに、あまりに素敵過ぎて目が眩む。
      幻惑とはこうしたことを言うのであろう。2億年前くらいであろうか、事実として生存していたその歴史にも驚愕を感じざるを得ない。
      嗚呼、わたくしめは愛してやまないのである。

      アンモナイトとランドセルの関係性は?

      0
        いったいアンモナイトとランドセルの関係性ってこれいかに?
        さもありなん、アンモナイトといえば、そりゃ4億年前あたりからの化石がよく引き合いに出されるものの、さすがに気の遠くなるような歳月のこと、わたしめなどはとてもとても想像するのがむつかしい領域にござります。
        アンモナイトのリリストーン
        こうした販売のオミセを見つけた次第でござるが、いやはやいろんなアンモナイトがこぞってあって、いかにも素敵でござる。
        えんじゃないかい。ねぇ。

        ランドセルの激安MIWAっていったい・・・

        0
           じつにランドセルについて語って参った。タダシ、それほどランドセルのあらましとか興り、強いてはメーカーやお店などについては若干のこころ残りがあることもまた事実なり。
          とは申してもランドセルを御購入される側にとっちゃ、なによりもまんずお値段が最重要っ事項であることもまた然りであって、そのつぎにランドセルの質やら丈夫さといったところであろうことは言うまでもなし。
          それでチクっとランドセルの激安ショップを探索してみた。
          ランドセルのMIWA《激安》、ここなんぞはなかなかどうして、激安という意味では他社のランドセルをハンバイするところから御観覧するに遜色なし。ここ、イチオシと決めた。
          オシといえば、関係のないワダイで恐縮でござるが「推し」という言葉がある。たまたまユージンがSKE48の柴田阿弥チャンという娘が大好きで推している。ちなみにそっち用語でいうと「神推し」なんつー単語もあるというからサスガだ。
          あっとランドセルの談義から脱線してすまない。


          ランドセルのこと・・・イイタイほーだい?

          0
            もうホンネトークで言っちゃう?w
            ランドセルもねぇ、ヤッパシお高いわけぇ〜〜〜。ごくフツーの若いフーフの家計簿なんか見るとわかるかもしれませんこと?まぁ、ダンナのお給料だって、ねぇ、フツー以下じゃない?(普通って・・・)
            ヤリクリしてのランドセル購入って、ソレハチョット大変な感じ。だってさ、しょうがっこー入学って、それだけじゃないでそ?帽子とか、靴とか、洋服だって買わなくちゃいけないしぃ、それ以外にも、机だったり(これまたタカッ!)細かいとこでは筆箱や鉛筆。。。もろもろあるわけよ。
            だからイッパンの多くの御方々は、やっぱじぃちゃん、ばぁちゃんにランドセルを買って貰うケースが圧倒的にたくさんでぇ。孫の喜ぶ顔見たいだろーしぃ。そいでもって、デスクなんぞも買ってもらったりぃ(笑)。
            激安のランドセルじゃないとアカン・・・。アタシなんかまだダンナいていいんだけどぉ、友達なんかはシングルマザーだったり、もう大変よね。お古というか、知り合いの子が中学生になったからって、古ぼけたランドセルを貰ってたユージンもいるわよ。
            たしかに6年間使うものだしぃ、最近はなんでも六年間保証なんて付いてるランドセルもあったりするみたいだけど、ソンナに激安商品買わずともいいんじゃん?って考えもいっぽうではあれども、生活を支えてるのはアタシのような若い(?)ふーふであったりと、ゲンジツ見るとねぇ、いろいろありますわん。
            でもぉ、フェリーデエマイユとかPee&Powなんてゆーランドセルをツブサにネットで見ますと、ちょっと惹かれるのよね。子供もほしぃぃとか言っちゃって。
            「激安 ランドセル」でケンサクして出てくるショップをみると・・・そう、MIWAってとこはたしかに安いわ。フェリーデエマイユがホシイ御方は、ここ、イチオシよね。どこよりも安いかも?
            あ、アタシがアタシの親に強請る手もあるけど、まぁジョーズにムスメからじぃちゃんばぁちゃんに強請るのがよさげね(笑)。教育しようそうしよう(爆)。
            そんなイイタイほーだい、ランドセルはタカイケレドモ、六年間ご使用になるものだしぃ、じょーずに子供から祖父母様にオネダリするのが得策ってことで、ナニカ?w


            気ままにランドセルに触れてみる・・・

            0
              ふわっとお出かけ。そしておみせに。気ままに『ランドセル』に触れてみる。
              前回も綴りましたケド、ここんとこランドセルにカカワルことがさりげなぁくあったりして、チョコチョコと意識するよーになってるもんだから、つい、イオンなんか行っても、ふと視界に飛び込んでくるランドセルに気を向けてしまうの。
              で、ちょっと触ったりして・・・そう、ここ近年(アタシって幾つ? 笑)のランドセルってズイブンとお洒落になってたり、素材なんかも昔からガッシリしてたけど、強度もさることながら、シナヤカさもあったりして、けっこーアタシたちの時代から較べるとヨクなったわよね。
              意外にA4の紙がランドセルに入らなかったりってあったけど、最近のはすっと入りますし。。。
              なによりカラーバリエーションが素敵。淡いピンクであったり、茶系のランドセルなんて渋くていいわよ。あとはオネダン次第ってとこだけど、激安モノから、お高いモノまであるわよねー。まぁ、おじいちゃん、おばあちゃんが買ってくれるから値段もまぁいいんだけど(爆)。
              でも〜、ランドセルって、6年間も使うのよね、フツー。 仮に6万円のものを買え与えたとしても、6で割ると年に1万エンなわけで・・・それが高いか安いかは賛否両論だけど、まぁ小学生のシンボルみたいなもんだし、いいんじゃないー。(まぁ6万円はちょっと高いわね)
              激安のランドセルってのも、ヒンシツがどーかちょびっと心配ですしねぇ。そんなこんな、インタネットで調べて実際の店舗で触ってみるとか、現代人はやっぱりいいわね(って、アタシは幾つ? しつこい? 爆)。